訪問見積もりを依頼する|【見積もりは複数社に】引越し業者を利用して引っ越しする

訪問見積もりを依頼する

引っ越し作業

訪問見積もりのメリット

電話ではなく訪問見積もりを依頼する大きなメリットとしては、「引越しの料金が最安値になる」というところです。電話見積もりは申告との差を踏まえて、申告の内容より少し大きめのトラックを用意しますが、訪問見積もりは直接荷物を見て判断してもらうため、大きめのトラックを用意する必要がありません。その分トラックの費用も安くなり、最安値で引っ越しができるようになります。また、荷物のリストも業者で作成してくれるため、自身で荷物のサイズを調べる必要がなくなります。自身で調べるのが手間だと感じるひとは、依頼しましょう。また、訪問見積もりを行なうスタッフは、引越し当日も現場監督として作業員をまとめてくれます。その為、スムーズな引越しが可能になります。

訪問見積もりを依頼する際の注意事項

訪問見積もりを依頼する際は、複数の業者がバッティングしてしまわないように、日付を調整して依頼するようにしましょう。見積もりをして料金だけ聞くということもマナーとしてNGです。業者の営業の人は自社をPRしなければいけませんので、どういったところが長所かといったような説明をする必要があるのです。一通りの説明を聞いてから、見積もり料金の詳細について聞くようにしましょう。また、訪問見積もりの際には目に見えるだけの荷物ではなく、収納スペースに置いてある荷物も確認するので、下着類などの見られたくないものはちゃんと片付けておくようにしましょう。荷物については運搬に使用するトラックの大きさや料金の問題に直結するため、見せないという事や隠して当日にお願いするようなことをしてはいけません。ちゃんとどういった荷物があるかを説明し、見積もりしてもらう必要があります。

一般的な訪問見積もりから引っ越しまでの流れ

訪問での見積り依頼

電話やメールで予約を入れ、訪問での見積もりを依頼します。見積もりの査定額は業者によって大きく変わる場合もありますので、数社ほど見積もりをしてもらってから判断すると費用を押さえて引っ越しすることができます。

会社と契約

見積もりの内容で納得すれば、引っ越し業者との契約となります。当日トラブルにならないよう、不明な点などはこの契約の際にしっかり聞いておくようにしましょう。

引越し当日

指示書に従い、作業員が作業を始めていきます。渡されているものはお客様控えとなり、作業員の指示書と同じものとなっています。

広告募集中